連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.2

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.2

  • #病院・クリニック
  • #理学療法士
  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • Twitter
  • Facebook

福島県いわき市にあるメディカルフィットネス リバースでは、2021年1月11日に「リバースアプリ」をリリースし、地域の健康マネジメントに取り組んでいます。本記事では同施設のゼネラルマネージャー・四家卓也氏から、「リバースアプリ」開発のきっかけやアプリの内容、今後の展望についてお話しいただきました。

四家卓也(しけ・たくや)氏

理学療法士、ゴルフフィットネストレーナー、メディカルフィットネストレーナー。

株式会社シグマ執行役員、Medical fitness Re-Birth ゼネラルマネージャーとして、Sports & Medical fitness Re-BirthSpa & Medical fitness Re-BirthConditioningSpace Re-Birthを経営。

ときわ会グループリハビリテーション部門相談役、一般社団法人日本スポーツ外傷・障害予防協会理事、日本メディカルフィットネス研究会理事、福島県理学療法士会いわき支部副支部長、福島県理学療法士会メディカルサポート部いわき統括。

 

前回のコラム
Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏コラム vol.1|メディカルフィットネスナビ

これからのメディカルフィットネスが目指す姿

地域に根差したMedical fitness Re-Birthが掲げるコンセプト

以前ご紹介しましたMedical fitness Re-Birthは、検診や健康診断の結果から、医療機関と医師へコンサルテーション(協議)を行うなどの医療的要素を取り入れたメディカルフィットネス施設です。

Re-Birthには、疾患を抱える患者様や退院した後に通院しながら運動する必要がある方の他にも、健康管理が必要な方から予防が目的の方までさまざまな方に利用していただいています。医療連携をしていること、医療従事者が在籍していることから、安心感を持って入会、継続される方が多いのではないかと考えています。

連載コラム:メディカルフィットネス リバース ゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.2|メディカルフィットネス リバース で運動する人の様子

Re-Birthのコンセプトは「地域の健康をマネジメントする」ことです。そのためにRe-Birthは地域のニーズに沿った運営を進めてきましたが、我々の施設は大規模施設を複数運営しているわけではないため、施設内で対応できる地域の方々はごく一部にとどまっています。施設内のサービスだけでは「地域の健康をマネジメントする」コンセプトの実現は難しいのではないかと考えていました。

 

コロナ禍の今、「Wellness Station(健康ステーション)」は新たなステップへ

そんな中、COVID-19(新型コロナウィルス)の感染拡大に伴う休業要請により、既に施設を利用されていた会員様の活動範囲が狭くなってしまいました。

COVID-19の感染拡大による生活様式の変化は、東日本大震災の支援活動で目の当たりにした状況を思い出すものでした。体育館などの避難所で生活される方の中には、活動性が低下したことで血糖値や血圧が上昇してしまった方、フレイルが進んでしまった方がいらっしゃいました。我々は東日本大震災で得た教訓を活かしてRe-Birthのサービスを再度見直し、目指すべき姿を再認識しました。そして、改めて「Wellness Station(健康ステーション)」を掲げることにしたのです。

 運動を行う「場」の提供はもちろん、医療資格者などの専門家に健康について「相談」、「学び」、「体験」できる環境づくりこそが、現在Re-Birthに求められていると私は考えます。
Re-Birthを利用してくださった方々が、いずれはご自身でも健康管理できるようになることが私の一番の願いです。しかし、ご自身で健康管理を続けることで疲弊してしまう方もおられます。そうした方々にも我々が多方面から健康をサポートすることがRe-Birthの役割であると再認識しました。

 

「Re-Birthアプリ」で多くの人に健康を

現在、「Wellness Station(健康ステーション)」として提供しているサービスのひとつに「Re-Birthアプリ」があります。施設外で利用できる、テクノジム社のアプリ「Stream」をカスタムし開発したサービスです。
 Re-Birthアプリを開発した背景には、長引く自粛生活の中で多くの運動コンテンツを目にする現状にあります。さまざまな自治体や企業が運動コンテンツを発信するようになりましたが、強度が高く継続しにくいメニューや、運動リスクがある方には難しい内容が多い印象を受けました。そこで、Re-Birthアプリでは、「相談」、「学び」、「体験」を実現できるものにすることを念頭に置いて、以下のようなサービスを提供しています。

・オンデマンド配信でのエクササイズ
リハビリ体操、腰痛対策、キッズ向け運動発達、ひざ痛対策 など

・オンデマンド配信での健康講話
 栄養講話、ウィメンズヘルス、生活習慣病予防 など

・オンラインでの栄養相談
 アプリ内にてオンラインで管理栄養士との直接相談

 エクササイズや健康講話は1本あたり5分ほどの動画で、毎月20~30本アップロードしています。2021年4月時点でも、130本以上もの動画を観ることができます。
 Re-Birthアプリを活用することで、既にRe-Birth会員様はもちろん、Re-Birthに通うことが難しい地域の方々などのサポートも可能になりました。また、アプリ会員の特典としてRe-Birth店舗での身体状況のチェックや運動指導もオプションで受けられるようにし、オンラインで完結させずリアルとの共存も実現しています。

連載コラム:メディカルフィットネス リバース ゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.2|メディカルフィットネス リバース アプリのイメージ画像

 

「Wellness Station(健康ステーション)」の今後

COVID-19がもたらした生活様式の変化に対し、オンラインでの取り組みは急速に加速しています。COVID-19の影響はネガティブな要素ですが、現状を受け入れ、健康への取り組みをより加速させるべき状況ではないでしょうか。
今回は「Wellness Station(健康ステーション)」の取り組みのひとつであるRe-Birthアプリをご紹介しましたが、こうした取り組みは多くの地域でニーズがあるかと思います。
メディカルフィットネスが持っている医療的要素の強みを施設内にとどめず、オンラインを活用してリアルと共存させることで、昨今の情勢でもメディカルフィットネスを発展させることは可能だと考えています。全国各地のメディカルフィットネス施設が連携することで各地に「Wellness Station(健康ステーション)」の拠点ができ、メディカルフィットネス間での差別化がより図れるのではないでしょうか。

今後、Re-Birthは、さまざまなメディカルフィットネス施設と積極的に連携を図りながら、多くの地域の健康をマネジメントしていきたいと考えています。

———————————————————————————————————————

メディカルフィットネスナビでは、メディカルフィットネス導入のご相談を受け付けております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

メディカルフィットネス施設の開業・運営を徹底サポート

メディカルフィットネスナビでは、
施設立ち上げからブランディングや集客、運営に至るまでさまざまなサポートを行っています。
無料相談からアドバイス可能!お気軽にお申込みください。

  • Twitter
  • Facebook

カテゴリから探す

対象から探す

オススメ記事Recommended articles

採用・教育 メディカルフィットネス理解 2021.02.15

メディカルフィットネス施設に欠かせない「健康運動指導士・健康運動実践指導者」とは

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #フィットネスクラブ
  • #一般企業
  • #介護施設
  • #接骨院・整骨院
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック
  • #自治体

メディカルフィットネス施設に欠かせない「健康運動指導士・健康運動実践指導者」とは

事例 2021.01.07

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー  四家卓也氏 vol.1

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.1

事例 2020.12.24

事例 メディカルフィットネス理解 2020.07.12

事例 2020.10.27

関連記事Related articles

一覧を見る

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー  四家卓也氏 vol.1

2021.01.07

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラル…

四家卓也(しけ・たくや)氏 理学療法士、ゴルフフィットネストレーナー、メディカルフィットネストレーナー。 株式会社シグマ執行役員、Medical fitnes…

  • #病院・クリニック
  • #理学療法士
  • #アスレティックトレーナー
  • #その他

MediTAS ZeloFit施設責任者 栗岡久暢医師インタビュー

2020.12.24

MediTAS ZeloFit施設責任者 栗岡久暢医師イン…

栗岡久暢(くりおか・ひさのぶ)医師 MediTAS ZeloFit責任者。医療法人和幸会 阪奈中央病院副院長 、脳神経外科医。おもに脳卒中や頭部外傷による開頭手…

  • #病院・クリニック

【事例】医療法人和幸会 阪奈中央病院 MediTAS ZeloFit(メディタス ゼロフィット)

2020.11.04

【事例】医療法人和幸会 阪奈中央病院 MediTAS…

施設の特徴 病気を「治す」ではなく未然に「防ぐ」ことを目的とした、医療法人が付帯業務として運営する医療法42条施設であり、厚生労働大臣認定 健康増…

  • #病院・クリニック

【事例】岩手県矢巾町 メディカルフィットネスジムウェルベース矢巾

2020.10.27

【事例】岩手県矢巾町 メディカルフィットネス…

施設の特徴 メディカルフィットネスジムウェルベース矢巾は、矢巾町に関わるすべての人に、ヘルスケアに関する正しい知識と適切な運動方法、真の健康を届…

  • #自治体

介護施設が運営するメディカルフィットネス

2020.09.29

介護施設が運営するメディカルフィットネス

介護施設がメディカルフィットネスを運営する意義   メディカルフィットネス施設の広義的な意味合いは、医学的エビデンスに基づいた正しい知識と運…

  • #介護施設

自治体が導入するメディカルフィットネス

2020.07.12

自治体が導入するメディカルフィットネス

自治体がメディカルフィットネスを運営する意義 メディカルフィットネスは生活習慣病予防や介護予防の意味合いが強く、また、医療機関との連携や専門知識…

  • #自治体