連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.1

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー  四家卓也氏 vol.1

  • #病院・クリニック
  • #理学療法士
  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • Twitter
  • Facebook

福島県いわき市県にあるメディカルフィットネス リバースは、「Wellness station(健康ステーション)」をコンセプトの一つに掲げて、ときわ会グループ協力のもと2016年にオープンしたメディカルフィットネス施設です。お客様に合わせたきめ細やかなサービスで会員数を伸ばし、2020年現在で3店舗を運営しています。 順調な経営の秘訣は?メディカルフィットネス施設ならではの運営メリットは?同施設のゼネラルマネージャー・四家卓也氏が、メディカルフィットネス事業のポイントを連載でご紹介します。

四家卓也(しけ・たくや)氏

理学療法士、ゴルフフィットネストレーナー、メディカルフィットネストレーナー。
株式会社シグマ執行役員、Medical fitness Re-Birth ゼネラルマネージャーとして、Sports & Medical fitness Re-Birth、Spa & Medical fitness Re-Birth、ConditioningSpace Re-Birthを経営。
ときわ会グループリハビリテーション部門相談役、一般社団法人日本スポーツ外傷・障害予防協会理事、日本メディカルフィットネス研究会理事、福島県理学療法士会いわき支部副支部長、福島県理学療法士会メディカルサポート部いわき統括。

 

目指すは地域の「Wellness station(健康ステーション)」

 はじめまして、今回よりメディカルフィットネスについてコラムを担当させていただきます、四家卓也(しけ・たくや)です。このコラムでは、私が運営しているMedical fitness Re-Birthの取り組みを中心に、経営と現場の両面から、皆様にとって有意義な情報を発信していきたいと思います。

 まず初めに、自己紹介をさせていただきます。私は理学療法士として十数年、リハビリテーションセンターや総合病院に勤務し、整形外科疾患、脳血管疾患はもちろんのこと、がんのリハビリテーションにも力を入れてきました。その後、フリーでさまざまな整形外科クリニックやスポーツチームのトレーナーを経験し、2016年に福島県いわき市でときわ会グループの協力のもとMedical fitness Re-Birthを立ち上げました。

 

立ち上げのきっかけは病院勤務での経験

 メディカルフィットネスの立ち上げを考えたきっかけは、病院勤務のときの経験です。病院でわれわれ理学療法士が対応する患者様は、ケガをした方や病気になった方ですが、そのケガや病気は予防できたものも多いのが実情です。患者様の中には「もっとはやく気づいて運動や食事を気にかけていれば…」と、後悔をしている方も少なくありません。

 患者様の多くは、ケガや病気になって初めて病院を受診し、そこで専門家に出会い、相談してアドバイスを受けるというのが現状です。しかしケガや病気の予防という点では、それでは遅いのです。

 私が考えるメディカルフィットネスは、地域の皆様にとって医療や運動の専門家の存在がもっと身近で、病気を発症する前、ケガをする前に、健康について専門家に「相談」、「学び」、「体験」できる環境です。これは、Re-Birthが掲げるコンセプトの一つ「Wellness station(健康ステーション)」となります。

メディカルフィットネス リバース ゼネラルマネージャー 四家卓也氏コラム vol.1_本店_外観

 

 Medical fitness Re-Birthの強みは他職種スタッフ

 Medical fitness Re-Birthは、福島県いわき市にて2016年に本店をオープンしてから、2年ごとに新店舗をオープンさせ、202012月現在、3店舗を運営しています。それぞれコンセプトは同じですが、エリアや顧客のニーズに合わせて多角的に店舗展開、運営をしています。

 【Medical fitness Re-Birth】
Sports & Medical fitness Re-Birth パーソナルトレーニングを主体とした中規模施設
Spa & wellness fitness Re-Birth  スパリゾートハワイアンズ内に併設した大規模施設
Conditioning space Re-Birth   より個別性に特化したプライベートジム

 

Medical fitness Re-Birthの強みは下図の6点です。

メディカルフィットネス リバース ゼネラルマネージャー 四家卓也氏コラム vol.1_6つの強みの図

この中でも特徴的なのが、1番目の「医療系・スポーツ系専門スタッフが在籍」で、コンセプトの一つ「Wellness station(健康ステーション)」の実現に欠かせません。Re-Birthのスタッフは理学療法士、柔道整復師、アスレティックトレーナー、管理栄養士といった多職種が在籍、協働しています。お客様の健康に対するニーズはさまざまであるが故、それに細やかに対応できる体制を整える必要性があります。その一つが、多職種スタッフの在籍ということです。

 

パーソナルトレーニングで、患者様の健康管理から病気予防までカバー

Re-Birthは、6歳~80歳代の方まで幅広い年齢の方にご利用いただいています。さらに、疾患を抱える患者様や、退院した後に通院しながら運動する必要がある方、肥満のお子様、スポーツ障害予防やスポーツ復帰を目指す方など、健康管理が必要な方から予防が目的の方まで、あらゆる層がRe-Birthのご利用対象者となっています。これらも、メディカルフィットネスとして医療連携を図り、専門職が在籍しているからこそ対応が可能であり、他施設との差別化が図れていると考えます。

 この幅広い顧客層の対応に欠かせないのが、Re-Birthのサービスの中心となっている「パーソナルトレーニング」です。運動が苦手な方、運動する必要があるのにどうしても始められない方などに、運動する場を設けてセルフトレーニングを指導しても、長続きしないのが実情です。そこでRe-Birthでは、そのようなお客様にも運動の継続とセルフマネジメントができるようになっていただくため、パーソナルトレーニングを通して、お客様の健康マネジメントからサポートしています。

 これらに加え、IOTを活用して運動プログラムの管理を行うなど、お客様自身がセルフマネジメントを続けられる仕組みを作り、無理なく運動の継続・健康への意識付けができるように取り組んでいます。

メディカルフィットネス リバース ゼネラルマネージャー 四家卓也氏コラム vol.1_本店_内装

 

ステージに合わせた会員区分で、長期利用を図る

これらのようにMedical fitness Re-Birthでは、運動する場の提供を目的とするのではなく、お客様自身で健康をセルフマネジメントできるようにすることを目標としています。

 一方で、お客様がセルフマネジメントできるようになると、そこで満足して退会を希望されるリスクが高くなることも考えらます。しかしRe-Birthでは、セルフマネジメントできている方もご自身のペースで会員継続できるよう、さまざまな会員区分をご用意するなど、退会リスクを減らす取り組みも行っています。

 今回は、私がMedical fitness Re-Birthを立ち上げた思いやRe-Birthのコンセプトなどをご紹介いたしました。次回以降、Medical fitness Re-Birthにおける、地域のWellness stationとしての取り組みやプロモーションなどについてもご紹介していきます。

どうぞよろしくお願いします。

 ———————————————————————————————————————

メディカルフィットネスナビでは、メディカルフィットネス導入のご相談を受け付けております。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

メディカルフィットネス施設の開業・運営を徹底サポート

メディカルフィットネスナビでは、
施設立ち上げからブランディングや集客、運営に至るまでさまざまなサポートを行っています。
無料相談からアドバイス可能!お気軽にお申込みください。

  • Twitter
  • Facebook

カテゴリから探す

対象から探す

オススメ記事Recommended articles

事例 2020.12.24

事例 2021.01.07

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー  四家卓也氏 vol.1

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.1

NEWS セミナー 2021.09.14

12月4日(土)第20回メディカルフィットネス・フォーラム「メディカルフィットネス 真価を発揮するのは今だ!」開催

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #フィットネスクラブ
  • #一般企業
  • #介護施設
  • #接骨院・整骨院
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック
  • #自治体

12月4日(土)第20回メディカルフィットネス・フォーラム「メディカルフィットネス 真…

事例 内装・設備 採用・教育 支援サービス 運営・プログラム 2021.07.23

NEWS セミナー 2021.09.28

次世代ヘルスケアプロジェクト2021にメディナビ関連会社が出展・セミナー登壇!

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #フィットネスクラブ
  • #一般企業
  • #介護施設
  • #接骨院・整骨院
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック
  • #自治体

次世代ヘルスケアプロジェクト2021にメディナビ関連会社が出展・セミナー登壇!

採用・教育 メディカルフィットネス理解 2021.02.15

メディカルフィットネス施設に欠かせない「健康運動指導士・健康運動実践指導者」とは

  • #アスレティックトレーナー
  • #その他
  • #フィットネスクラブ
  • #一般企業
  • #介護施設
  • #接骨院・整骨院
  • #理学療法士
  • #病院・クリニック
  • #自治体

メディカルフィットネス施設に欠かせない「健康運動指導士・健康運動実践指導者」とは

事例 2020.10.27

事例 メディカルフィットネス理解 2020.07.12

関連記事Related articles

一覧を見る

「産学連携」のメディカルフィットネスを実現―Technogym(テクノジム )ソリューション導入事例―

2021.07.23

「産学連携」のメディカルフィットネスを実現―T…

フィットネスのベンチマーク化を目指す産学連携型メディカルフィットネス施設導入事例 大阪府ビタレーザラボ from Technogym on Vimeo ・ビタレーザ…

  • #フィットネスクラブ
  • #一般企業

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラルマネージャー 四家卓也氏 vol.2

2021.04.30

連載コラム:Medical fitness Re-Birthゼネラル…

四家卓也(しけ・たくや)氏 理学療法士、ゴルフフィットネストレーナー、メディカルフィットネストレーナー。 株式会社シグマ執行役員、Medical fitnes…

  • #病院・クリニック
  • #理学療法士
  • #アスレティックトレーナー
  • #その他

MediTAS ZeloFit施設責任者 栗岡久暢医師インタビュー

2020.12.24

MediTAS ZeloFit施設責任者 栗岡久暢医師イン…

栗岡久暢(くりおか・ひさのぶ)医師 MediTAS ZeloFit責任者。医療法人和幸会 阪奈中央病院副院長 、脳神経外科医。おもに脳卒中や頭部外傷による開頭手…

  • #病院・クリニック

【事例】医療法人和幸会 阪奈中央病院 MediTAS ZeloFit(メディタス ゼロフィット)

2020.11.04

【事例】医療法人和幸会 阪奈中央病院 MediTAS…

施設の特徴 病気を「治す」ではなく未然に「防ぐ」ことを目的とした、医療法人が付帯業務として運営する医療法42条施設であり、厚生労働大臣認定 健康増…

  • #病院・クリニック

【事例】岩手県矢巾町 メディカルフィットネスジムウェルベース矢巾

2020.10.27

【事例】岩手県矢巾町 メディカルフィットネス…

施設の特徴 メディカルフィットネスジムウェルベース矢巾は、矢巾町に関わるすべての人に、ヘルスケアに関する正しい知識と適切な運動方法、真の健康を届…

  • #自治体

介護施設が運営するメディカルフィットネス

2020.09.29

介護施設が運営するメディカルフィットネス

介護施設がメディカルフィットネスを運営する意義   メディカルフィットネス施設の広義的な意味合いは、医学的エビデンスに基づいた正しい知識と運…

  • #介護施設

自治体が導入するメディカルフィットネス

2020.07.12

自治体が導入するメディカルフィットネス

自治体がメディカルフィットネスを運営する意義 メディカルフィットネスは生活習慣病予防や介護予防の意味合いが強く、また、医療機関との連携や専門知識…

  • #自治体
カテゴリ一覧
タグ一覧